10月1日。出身校・大津市立真野中学校の創立30周年記念式典・事業が行われました。
 私が卒業したのは1994年ですので、もう23、4年も前になります。
 式典に引き続き行われた記念事業では、校歌作曲者の森島洋一先生指揮、大津シンフォニックバンド演奏で、校歌斉唱なども行われました。

 



【真野中学校校歌】
比叡比良の 映える窓 希望の声が すがやかに 
曼荼羅山に こだまする 山野に大気の 澄むところ
自由の学舎 真野中学校


 私の入学当初は当時はびわ湖ローズタウンの開発で、市内屈指の大規模中学校でしたが、現在は人口減少の影響で3学年で300人を切る規模となっています。(真野北小学校は1学年30、40人くらいです)

 先のブログで葛川の活性化についても取り上げましたが、母校・真野中学校についても今後も存続できるように、真野地域の活性化に頑張って取り組まねばと思っています。真野出身で今は真野から出られている皆様も多いと思います。時々、ふるさと真野を思い出し、いつの日か帰って来てもらえれば嬉しいです。


 * * *

 その前日の9月30日にはもう一つ30周年事業に参加しました。
 地元の佐野高典県議会議員の、地方議員30年を祝う会です。
 市議会と県議会で議長を務められ、自民党では県連幹事長も努められるなど信望厚い方で私も折々にアドバイスやご指導を頂戴しています。見習うことが多くあります。今後も勉強していきたいと思います。




大津市議 藤井テツ